採用情報

HOME > 採用情報 > 社員の一日

社員の一日

入社三年目、ある若手社員の1日を再現してみました

6:30 <起床>

眠たい目をこすり、歯磨きをしながらテレビをつけて最新のニュースを確認。
さあ、今日も頑張るぞ~!

こんなところに千代田組

例えば『水』

someday_img01x

歯磨きや入浴、料理に食器洗い、蛇口をひねると当たり前のように出てくる水。そのために必要な浄水場や下水処理場など県や市の水処理公共事業も当社の活躍するフィールドです。

 

例えば『電気』

someday_img02x

発電所の発電機を動かす為の巨大なタービンを 制御する機器、発電された電気を工場や家庭で使えるように変換する受変電設備、煙突、送電線の鉄塔も。ライフラインで当社が活躍するフィールドはとても広い!

7:30 <通勤>

売店で新聞を買い、いつもの電車に乗り込む。自宅から会社までは約1時間。

こんなところに千代田組

例えば『駅』

someday_img03x

毎日利用する駅。いつもの電車を確認する行先案内板、何気なく通り過ぎる自動改札、電車の運転台や照明、空調機。駅ビルやデパートにあるエレベータやエスカレータ、立体駐車場。またそれらを動かす動力となる電気の受配電設備、万一の停電に備えた非常用発電機。 様々なところで皆さんの毎日の生活に関わっています。

8:30 <出社>

メールと今日のスケジュールをチェック。 始業前のちょっとした時間は頭の整理や外出の準備をする大切な時間です。今日は、お客様への訪問が2件と、メーカーさんとの打合せが1件です。

何をするの?

(出社時)
始業時間は8:45です。 出社する時間はまちまちですが、始業時間にきちんと仕事が始められる時間であればOKです。通常は少し早めに出社してメールやFAXのチェック、お客様へ訪問するための準備や報告、情報交換をする大切な時間となっています。

(直行・直帰)
仕事の効率を考え、朝、自宅から直接お客様へメーカーへ訪問する(直行)や、夕方、営業で出かけた先から直接自宅へ帰る(直帰)のシステムもあります。

(社内執務)
製品を売る際に営業担当者が行なう事務処理の流れの一例です。

①見積依頼:お客様から問合せのあった商品の価格や納期をメーカーさんに確認します。
②見積作成:メーカーさんからの回答をもとに、お客様向けの「御見積書」を作成します。
③価格交渉:御見積書をもとにお客様と交渉。販売価格を決定します。
④手  配:販売価格が決定したらメーカーさんへ注文書を発行します。
⑤伝票計上:いくらで仕入れて、いくらで販売したかを「販売管理システム」へ入力。いつ納入されたかを確認することも大切な役目です。
⑥回収支払:お客様から入金され、メーカーさんへ支払いを完了させて、物件完了です。支払いの手続き、入金の確認を行います。

someday_img11

こんなところに千代田組

例えば『IT』

someday_img04x

パソコン本体や会社の頭脳ともなるサーバ。用途に合わせた便利なソフトやそれら全てをウイルスから守るセキュリティソフト。単品からシステム提案まで幅広く活動しています。様々な機器に使用されている半導体。半導体そのものから半導体を製造する最新鋭の工場設備にも関わっています。

10:30 <外出① お客さん(1)>

A社の技術部門を訪問。 先日依頼されていた「セキュリティシステム」の提案書を提出し説明、好感触を得る。雑談を交えながら「○○プラント計画」の検討状況、課題をヒアリング。

何をするの?

「どこで?」「何をする?」 当社は商社なので製品は作っていません。お客様とメーカーさんの橋渡しをするのが役目です。商社の仕事は情報が命です。お客様にとっても、メーカーさんにとっても有益な情報を集め、活用することが必要です。

お客様の事務所や工場にある(工務部門)や(技術・設計部門)などを訪問し、新しい計画や抱えている問題点を聞き取り、最適なものをご提案します。地道に訪問を重ね、信頼関係を築いていくことが、新たな仕事へ繋がっていきます。

someday_img12

こんなところに千代田組

例えば『製造工場』

someday_img05x

製品そのものではなく、『製品をつくるための設備機器』も…。製紙会社さんが紙をつくる為の大型機械や完成した製品を移動するためのクレーン、それらを動かす電源設備。自動車や携帯電話で使われている樹脂は化学会社さんが製造しています。樹脂の製造設備を動かすための1000kWを超す大型電動機やインバータ、一瞬の停電も許されないプラントで使われる無停電電源装置。化学プラントに限らず「工場」を動かす為には何千台もの大小様々な電動機やポンプが使われています。

12:00 <外出② 昼食>

事務所にいる時は、近くの蕎麦屋か弁当屋が多いけど、今日はこの前見つけた美味しい定食屋。外出した時にこんな発見があるのも、実はちょっとした楽しみ。

13:30 <外出③ メーカー>

午前中にA社でヒアリングした、「○○プラント計画」でお客様が抱えている課題について、技術担当者も含め対応方法を検討。お客様から頼まれ、先日依頼していた「図面」を受け取る。

何をするの?

お客様と同時にメーカーさんとのお付合いも重要なポイント。お客様へ最適な提案をするためには、メーカーさんからの協力はかかせません。普段からよくコミュニケーションをとり、綿密な打合せをし、時には一緒に、時にはリードして仕事を進めていくことが必要です。提案内容や価格については、妥協せずトコトンまで詰めていきます。

someday_img13

15:00 <外出④ お客さん(2)購買>

B社の購買部を訪問。今までの経緯を頭の中で整理して、いざ交渉へ…。
購買担当者とは、サッカーや野球の話で盛り上がる仲ですが、交渉は真剣です。

今日は折り合いが付かず、次回に持ち越し。
こんな日もあります。次こそ決着させよう!

何をするの?

お客様の(工務部門)や(技術・設計部門)などで検討した計画が、具体的になると(購買部門)で価格交渉となります。通常は競合といって数社と競争し、提案面、価格面で他社より魅力的な回答をする必要があります。
お客様も他社も百戦錬磨ですから、一筋縄ではいかないことも多いですが、そこを勝ち抜くのが営業の醍醐味です。
価格交渉時以外は(購買部門)担当者と仲良くさせていただくことも大切です。

someday_img14

16:30 <帰社>

事務所に戻り、上司へ報告。不在時のメール確認や明日の準備もしておきます。

何をするの?

チームとなって仕事にあたるので上司や先輩への報・連・相は必須事項です。
直接、電話やメール、報告書や週報にまとめる事もあります。
自分の頭の中を整理して話す、文章にまとめる事は仕事を進める上で大切なことです。

someday_img15

18:30

会社近くの居酒屋で仲間と軽く一杯。たまに飲むのも、プライベートな相談をしたり気分転換には良いものです。

こんなところに千代田組

例えば『物流』

someday_img06x

出来上がった製品を出来るだけ早くお客様へ届けたい。こんなところにも…
出来上がったビールを仕分けして収納し、トラックに合わせ出荷する配送センター設備。各製品の履歴管理をしてサービス向上に繋げるICタグ。『ちっちゃな物流』では、回転寿司の皿をまわすコンベア、UFOキャッチャーのクレーンに使われているチェーン。こんな「変り種」にも関わっています。
当社が納入した機械や電気設備が見えないところで製造のお手伝いをしたり、みんなの生活を支える役に立っている…。これはちょっぴり誇らしい。

ページの先頭へ戻る