環境への取り組み

HOME > 環境への取り組み

環境への取り組み

社長メッセージ

当社は、2001年に環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001を取得して以来、社員全員で地球環境への貢献を意識した企業活動を展開しています。 わたしたちの活動の最重要目標は、環境に貢献できるシステムや製品をいかに社会へ広めていくかです。わたしたちには100年を超す歴史を重ねてきた“インフラ設備や生産システムを取り扱う商社”としての機能とスキルを持っています。そして100年の伝統に裏打ちされた数千社を超すお取引様があります。この持てる力を十二分に発揮して社会環境に貢献する企業としての責任と役割を果たしていきたいと日々研鑽努力を続けています。

<新規テーマへの挑戦と納入アフタフォローへの注力>

これまでは数値目標による削減活動を実施して参りましたが、今年度から各部門ごとに独自施策を設定し、活動自体をより具体化させて施策の達成に挑むこととしました。 また、「売ったら終わり」という概念を払拭し、納入した製品のアフタフォローにも取り組み、そこから生まれるお客様の新たなニーズをも取り込むよう活動を拡大しております。

<5S運動の推進>

「整理・整頓・清掃・清潔・躾」という5S運動を職場環境の向上、業務の効率化、仕事のクォリテイアップのために強化するよう努めています。 わたしたちは、12年間に亘る環境マネジメントシステムへの取り組みをより改善、変革していくことで社会の持続的成長の実現に貢献していく所存であります。 みなさまには、今後ともより一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう切にお願い申し上げます。

平成24年7月
株式会社千代田組 代表取締役社長 塩田哲也

ISO登録証

環境方針

千代田組は、100年の歴史の中で培われた「信頼」を基に、国内の一流企業をお客様とし、各界トップメーカーの優れた品質の電気設備、機械設備、情報通信システム、諸資材を取り扱う専門商社として、我が国の産業と社会の発展のため堅実な努力を続けてきました。 そして、当社は今後とも、低炭素社会、循環型社会に呼応しうる企業として、「誠実と信頼」をモットーに、地球上の生物、更には人間、社会の多様性を尊重すると共に、社会的責任を自覚した健全な企業活動を通じ、社会の発展に貢献することを目指していきます。 上記の理念に基づき、我々人類の共有財産である地球環境を守るために、環境汚染の予防と環境負荷低減に向けて以下のことを推進し、よりよい社会を構築することを誓います。

1.環境商品の拡販とユーザーサポートによる環境貢献

私達は、最新情報に基づく環境に優しい商品、省エネ・省力・省資源商品をお客様へ推奨、拡販していくと共に、きめ細かいユーザーサポートに努めることにより、産業界における環境改善の一翼を担っていきます。

2.新規テーマへの挑戦

私達は、グリーンICT(情報通信技術)等、新しい環境商品による地球温暖化防止に向けた提案活動を推進します。

3.業務改善

私達は、職場環境改善を念頭において、次のことがらに関する現場からの業務改善提案活動を推進することにより、働きやすい職場作りに努めます。 ① セキュリティとコストを意識した業務のシステム化、合理化。 ② 社内のムリ、ムダ、ムラをなくす5S運動の推進。 ③ 職場の電気機器や営業車の安全で効率的な運用管理。 ④ 社内備品のグリーン購入。

4.活動の継続・維持

私達は、関係する法規制及びその他の要求事項を遵守し、企業活動の環境への影響を 的確に捉えた目的・目標を定め、定期的な見直しを実施し、環境マネジメントシステムの継続的な改善と維持に努めます。

5.教育と人材育成

私達は、この環境マネジメントシステムの教育・訓練を全従業員及び当社内で働く全ての人へ実施し、環境方針を周知させると共に、環境に関する知識と意識を有する人材の育成に努めます。
*この環境方針は社外に開示します。

平成24年7月

株式会社千代田組 代表取締役社長 塩田哲也

認証の概要

適用規格
ISO14001:2004 JISQ14001:2004
認証機関
株式会社日本環境認証機構 JACO
登録日
2001年5月30日
登録番号
EC01J0040
登録サイト
本社、東京物流センター、東関東営業所、冨士営業所、神奈川営業所、関西支店、九州支店、大分営業所、中部支店、北陸支店、富山営業所、福井営業所、東北支店、郡山営業所、新潟営業所、中国支店、福山営業所、宇部営業所、徳山営業所、四国支店、愛媛営業所、北海道支店、苫小牧営業所

環境活動の歩み

1999年 12月
ISO14001認証取得委員会発足 社長キックオフ宣言
2000年 10月
11月
本店、関西支店、中部支店において環境マネジメントシステムの運用開始
環境方針制定 日本環境認証機構による予行審査
2001年 1月
3月
4月
5月
8月
10月
内部監査(一次)
日本環境認証機構による初動審査 内部監査(二次)
日本環境認証機構による本審査
本店、関西支店、中部支店 ISO14001 認証取得
臨時内部監査
全店、全営業所において環境マネジメントシステムの運用開始
2002年 4月
5月
1年次サーベイランス審査および認証サイト拡大審査 受審
全店、全営業所 ISO14001 認証取得
2003年 4月
2年次サーベイランス審査
2004年 4月
5月
11月
更新審査 受審
全社認証 承認
ISO14001 改訂
2005年 4月
環境方針 改訂
1年次サーベイランス審査およびISO14001:2004 移行審査 受審  移行完了
2006年 4月
2年次サーベイランス審査 受審
東京物流センターを認証サイトに追記
2007年 4月
5月
第2回 更新審査 受審
全社認証 更新
2008年 4月
1年次サーベイランス審査 受審
2009年 4月
環境方針 改訂
2年次サーベイランス審査 受審
2010年 4月
5月
第3回 更新審査 受審
全社認証 更新
2011年 4月
1年次サーベイランス審査 受審
2012年 2月
4月
本社移転
2年次サーベイランス審査 受審
2013年 4月
5月
第4回 更新審査 受審
全社認証 更新
2014年 7月
8月
第5回更新審査前倒し受審  審査時期を7月に変更
全社認証 更新
2015年 8月
1年次サーベランス審査受審
ページの先頭へ戻る